水道の賃貸マンション一覧

ずつ表示

104

【築浅】LUMEED飯田橋~ルミード飯田橋~  

パレステージ文京江戸川橋  

パークアクシス文京ステージ  

【新築】MDM後楽園  

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. ...
  5. 7

チェックした部屋をまとめて

水道の家賃相場

水道の住宅事情

文京区水道エリアは、その独特な形状と相まってランドマーク的存在となっているトッパン小石川ビル(印刷博物館)付近を中心とし、東側はマンションや官舎、データセンター等を中心とした印刷・出版関連の事業所と一般住居が混在している地域となります。複数路線が通っている飯田橋や、商店街等で賑やかな神楽坂へ徒歩で行くことができる立地でもあります。
事業所が多いエリアのため、賃貸の物件数はほかの地域に比べると少なめではありますが、有楽町線の江戸川橋駅や飯田橋駅を利用する社会人の一人暮らし向けの1K・1Rタイプの物件が6万円台から、新しめのものだと8~10万円台でご紹介が可能です。
文京区の内側には大きな川がないため、神田川沿いに広がる水道エリアは文京区内でも独特の雰囲気があります。川沿いの雰囲気が好きな方にもオススメです。

水道の地理・交通

水道のエリア内には鉄道は通っておりませんが、西端の橋を渡ったところに東京メトロ有楽町線【江戸川橋駅】があります。
鉄道以外の交通手段としては、文京区コミュニティバス「B-ぐる」がご利用いただけます。こちらのバスは毎時間3本ほどで千駄木・駒込ルートと目白台・小日向ルートを通っており、大人も子供も各100円で利用可能です。また一日乗車券(300円)を買うとどちらも乗り放題になるので、バスでの移動が多い日にはおススメです。

水道エリアの主要な通りは、巻石通りと目白通りです。どちらも車の通りは少ないですが、速度を出してくる車も多いので注意が必要です。目白通りからは、アパートやマンションが並ぶ中で大きく目立つトッパン小石川ビル(印刷博物館)を臨むことができます。

水道の周辺環境

「水道」という地名は、この地にかつて神田上水路が通っていたことに由来しています。この上水路は生活用水や工場用水として広く使われ、大いに役立てられたそうです。明治11年頃には神田上水路に石を巻き、後に鉄管を通じて暗渠(あんきょ)としたことから、今はこの通りを巻石通り、または水道通りと呼んでいます。

水道には昔、武家地や寺地が多く、また江戸川(神田川の旧称)の上流が清流であったことから周りを紙漉き工場が囲んでいました。現在ではアパートやマンションなどの住宅や、事業所、オフィスビルなどが立ち並んでいます。基本的に人通りは少なく静かですが、通り沿いには小学校や公園、図書館などがあるため子供の声がよく聞こえてきます。

水道の口コミ

口コミの平均評価 : 4.7(3件のレビュー)
★★★★☆(4)

神田川を挟んで首都高があり、引越し前は排ガスや騒音が不安でしたが、住んでみると案外気になりません。江戸川橋駅が近く、通勤も楽になりました。

★★★★★(5)

山手線の内側のわりに家賃は思ったより高くない。あまり騒がしくなく良いところです。

★★★★★(5)

印刷博物館の裏にある広場が個人的にお気に入り☆彡

物件を探す

キーワードで探す

人気キーワード

物件を探す

キーワードで探す

人気キーワード